最近の気になったニュースやコラム - 2018/2/13

newspicks.com

技術革新のマーケットフィットへのフェーズ論として、抽象化と具体例ですごく理解しやすいまとめ記事。
これは、新しい事業を検討するときに考え方が転用できる。

 

newspicks.com

オープンイノベーション、コーポレートアクセラレーターとしての好事例。こうでなくっちゃ。
飛行機&マイルはANA派としては、期待大。ジャパンクオリティだけじゃない、世界に誇れる最先端の価値を創出してほしい。

 

newspicks.com

QT:
"1.「使いやすさ」は基本中の基本に
2. モバイル対応、モバイルサイト、レスポンシブが死語になりつつある
3. 対話型インタラクションがUXの主流に
4.「人間」を理解することの重要さがアップ
5. よりコネクテッドな体験が可能に
6. デザイナーの仕事が多種多様に"

 

newspicks.com

QT:
"1. “UXデザイン”の概念が再定義される
2. 目的ごとにデザインプロセスの見直しが求められる
3. ユーザー体験がブランド形成の主軸になる
4. デザイナーには人工知能 (AI) 技術の活用が求められ始める
5. 流動的なインターフェースが広く普及する
6. 多様性を理解することの重要性がアップする
7. デザインでストーリーを届ける時代に"

 

newspicks.com

QT:
"シェアリングエコノミーに期待する「4つの効果」
1. 個人の市場参加と柔軟な働き方
2. 新たな供給の手段
3. 新たな需要の創出
4. 地方創生"

"シェアリングエコノミーのモデル
・グローバルスケールでデジタル革新を促すモデル
・人のスキルや労働力をシェアするといった共助の仕組みでローカルなコミュニティを支えるプラットフォーム"

"シェアリングエコノミーの3つの課題
1. 事故やトラブル時の対応
2. 企業によるサービスの提供を念頭にして規定された既存法令が、個人間取引についても適用されるのか否かが不明瞭となる可能性が高まる
3. シェアリングエコノミー自体が日本ではあまり知られておらず利用意向も低い"

 

newspicks.com

米VC業界は「EXITこそが名刺」「トラックレコードを叩いてナンボ」とよく聞くが、その中でもこうやってコツコツ成果を出してのしあがったストーリーを目にすると、こういう道もあるというロールモデルが多様に広がっていいね。

 

newspicks.com

QT:
"1. 自動運転車の未来には新しいメディアチャネルの機会があり?
2. 音声検索のための最適化がSEOの勝ち組に残る鍵?
3. 新型iPhoneのおかげでARはユーザー、マーケターにとって身近なものになる
4. マシーンラーニングによるマーケティングオートメーション
5. AIによるメッセージ管理
6. インスタグラムの台頭
7. Twitterは落ち込み気味"

 

newspicks.com

孫正義は、偉大な事業家というよりも偉大な投資家。
そのスタイルは時々こうやって垣間見えるけど、すごいの一言。一度でいいからその場に居合わせてみたい。

 

newspicks.com

UXとは、シンプルに「顧客に寄り添うこと」。とすると、ひとりひとりとしっかり「直接的に向き合う」必要がある。

その意識を言霊たる言葉から整えようとするアプローチは、必要なこと。

QT:
"●ユーザーという言葉は便利。しかしとても受動的で抽象的。
●ユーザーは本来の「個」の存在を曖昧にしてしまう。
●たかが日常口語ではあるが、言葉というものは強力かつ繊細。
●「お客様」という言葉は、よりアクティブで大胆、率直かつ直接的。"

 

newspicks.com

特許戦略は、攻め(自社の特許出願)だけでなく、守り(他社特許の侵害)もきちんとしないと。この辺はスタートアップは特に反面教師としてしっかり学んでおくべき。

大企業はディスラプトされそうになると、手段を選ばずに、本質的ではない形で潰しに来る。特にゲーム系は過去の特許がいまさらひっかかる、ってのを探し出して突きに来るのはよくある話。

 

newspicks.com

すごく良い会社。良い経営者。
起業家・事業家であればこそ、自らが取り組んでいる事業や顧客に対して、「矜持」は持ち合わせていたいもの。

QT:
"それでもこの事業を行なっている以上、あなたには最後までカッコつけて欲しかったです。
「もう倒産するけど、成人式だけはちゃんと着物を着させて終えてあげたい。」
そう考えて欲しかったです。
それが「時」と「思い出」を扱う商売をしている人間の最低限の資質だったんではないでしょうか。"

 

newspicks.com

どう考えてもボク向けのサービス。