最近の気になったニュースやコラム - 2018/1/1

newspicks.com

人間が誰しも平等にもっていて、平等にコントロールできるのが時間と習慣。徹底的な時間管理と、悪しき習慣を捨て良い習慣を身につけることこそが、成否をわける。

QT:
"けんすう:前提から覆すようですが、最近そもそもモチベーションなんていらないのではないか、と考え始めました。モチベーションがないと動けないのは二流だと思います。キーワードは「習慣」。人間って、ストレスが溜まるときほど習慣に依存するものです。だから「やっている状態」を習慣にできるかどうかが重要なのでは。

落合:分かります。習慣は悪く言うと「惰性」ですが、惰性で研究できるようになることを、僕のラボでは目標にしています。息をするように論文を書くという。"

 

newspicks.com

これはクラウドサービスを使わない手はない!

となると、おんなじロジックで契約書もデジタル発行なら収入印紙いらないってこと?教えて偉い人!

 

newspicks.com

エイプリルフールだけじゃなくて、こういうネタ的なプレスリリースも、業務内容やコーポレートカルチャーによってはありよりのあり。かなりビューは集まるだろうし、確かに会社名は覚えちゃった。
まあ、ただのネタに終わらさないためには、もう少し工夫がいるし、そんなに簡単でもないか。

 

newspicks.com

狂人的なイノベーターを支える職人たち。
圧倒的なプロダクトアウトなモノづくりカンパニーには、こういう体制が必要という非常に学びの多い記事でした。

ネジのぶっ飛んだきちがい創業者の、ビジョナリーなプロダクトをしっかり実現するための、そこへ共感する仲間集めと、しっかりワークする体制づくりは、やっぱりグロースの鍵。

 

newspicks.com

ネットで知り合った人に気軽に会っちゃうタイプですが、
・相手のことはベースは信頼しない
・なにか提供されるものを受け取るならリスクを考慮する
・会うならオープンなカフェで
みたいなことは気にしてるかなー。

ネットで気軽に知り合えることのメリットは非常に大きいですが、その裏に潜むデメリットを理解しているか、身を守るすべを持っているかはすごく重要。
それをきちんと子供に伝えるのは、このご時世親の義務だし、親がそのリテラシーがないなら学校で義務化すべき。

実名制がどうのっていう議論もあり、それも大事なことだと思うけど、事前に防ぐ手段を考え導入するほうが、そこにかかる諸々のコストは低いのでは?

QT:
"ネットは、自分が思ったことを誰かに聞いてほしいと思って書き込むための道具です。だけど、その気持ちは、あなたが伝えたいと思う人だけじゃなくて、全員に届いてしまう。
その中には、あなたの気持ちを踏みにじる人もいる。悪用してアッサリ命を奪う人もいる。ネットに書くということは、そういう人間を含めて皆に心の叫びを伝えてしまうこと。
だから、本当の気持ちを晒して見せることはリスクが大きい。それを理解して書き込みをするべきだし、そういう書き込みを見て会おうとしてきた人とは、会うべきではない。"

 

newspicks.com

\横浜優勝/

特になんもないけど、これ応募したい。
いやでも事業ないから手伝う側かな。ボランティアスタッフ募集とかしないかなー。

 

newspicks.com

まず使ってみる。肯定的に受け入れてみる。広がった世界を妄想してみる。
世界の進化に想いを馳せ続けなければ、いつかラガードになってしまう。

QT:
"人間は35歳以降に生み出されたテクノロジーを受け入れられない"

 

newspicks.com

ヤフオクがメルカリやチケットキャンプにディスラプトされていくように、ユーザの行動の変化が著しく速い流れでおき、かつその世代間ギャップが大きく広がる中で、どう自らを変えていくか、は、サービサーとして常に考え、チャレンジし続けないと、すぐにオワコン化してしまう。
少なからず若い世代にとって、ライブ配信はニコ生ではなく、mixchannelだし、これからは17Liveだし、動画配信はやっぱりニコ動よりもYouTubeだ。

 

newspicks.com

子供がいる人は必読かと。 

 

newspicks.com

リリース後ももちろん大事だけど、事業アイデアフェーズから、Customer/Problem Fit、Problem/Solution Fitの確認のためにこそ、ユーザーインタビューは必要。

QT:
"・潜在ニーズを顕在化できる
・思い込みに気づく
・一連のデザインの骨格となる"

 

newspicks.com

非常に濃密で学びが大きい記事。ものすごく長文だけど、時間を忘れて一気に読んでしまった。
プロダクトアウトとしてのサービスの捉え方、プラットフォームとしての立ち位置、価値創造の戦略、成長への戦略、ステークホルダーとのしがらみ。。。
事業を作るにあたって考えるべきを、業界のトップランカーがどう考えているか、は、誰であっても学びしかない。

 

newspicks.com

個人請負減税は賛成。でもそれによってサラリーマンの負担増やしちゃだめじゃん。景気悪化と格差拡大の未来しか見えない。

 

newspicks.com

誰かに動いてもらいたいなら、相手が動くことが当然と考えるべきではなく、どうやったら動いてくれるかを考えるべき。

QT:
"その1:お願いする仕事のみならず全体を語る
その2:なぜあなたにお願いしたかを伝える
その3:見本を示す
その4:できるだけ具体的に伝える
その5:進捗確認をする段階を決めておく
その6:仕上がりのイメージを言葉を尽くして伝える
その7:依頼したら託す心境になる
その8:感謝の気持ちを伝える
その9:フィードバックをする"

 

newspicks.com

これは学びが大きい。必読。

QT:
"「怠惰」「短気」「傲慢」「盲信」"

 

newspicks.com

M&Aに関する裏側を赤裸々に語ってるケースって、数多くは見られないので、すごく面白かった。

花房さんの事業にかける情熱が、画面からひしひしと伝わってくる。

 

newspicks.com

めっさ早いし、めっさクールだ。

 

newspicks.com

これはすごい。
Spine使ってみたくなった。

 

newspicks.com

これはすごい。
・たった2ヶ月のサービスに対して、破格の値付け
・タレントバイとしても、破格の値付け
・その両方がこの値段なのだろうけど、いずれにいくらの比率であっても破格

上場企業じゃ、絶対にできないディールだな。上場がいかに足枷になるかを思い知らされた。

DMMの時代が来すぎててヤバい。

 

newspicks.com

ちょっと何言ってるかよくわからないです。

「傷害事件の一つや二つ揉み消す事が出来ん奴に弟子は任せられない」というコメントが2chであって、そのとおりだな、と思った。

これが日本の「昭和の悪しき伝統」で、それが平成の世にも脈々と受け継がれている。大相撲界だけの特別な事象ではない。日本の名だたる大企業にも、大きな規模に成長したベンチャーにも往々してあること。

被害者を排除。悪しき伝統を変えようとする変革者を異物として排除。既得権益を守るためにはなんでもやる。論理破綻も、他者からの評価もお構いなし。

日本の未来はお先真っ暗。日本の未来を創るのが若者ならば、日本の未来を終わらすのは中年や老人たちだ。

 

newspicks.com

浅はかな知識というか推定ですけど、日本は古来から同性愛は権力者の嗜みで、異性愛より同性愛のが美しいものと考えられていた時期が長く、公の場には異性婚のパートナーよりも同性婚のパートナーのほうが同席しているケースは多いはず。
伝統という定義をするなら同性愛を許容している方が日本の伝統であって、同性愛を拒絶するのは明治維新以降もしくはアメリカに占領されてから入ってきた異国の伝統(宗教)だと思うんですが。

 

newspicks.com

スタートアップの経営に携わってると、どのフェーズでもすごく大事なことだとわかる。「カルチャーマッチ」と「文化は強制するものではなく、集まった人からうまれるもの」のバランスが大事。

QT:
"会社にとって本当に優秀な人材は、一緒に働きたいと思った人の中から現れるはず"

"偉大な会社に飛躍させるためにはまず、新しい方向や新しいビジョン、戦略を策定し、次に人々を結集するのだろうと予想していた。
調査の結果は全くの逆であった。
まずはじめに適切な人をバスにのせ、不適切な人をバスから降ろし、その後にどこに向かうべきか決めている。"

"先に適切な人を選んでおけば、途中で環境の変化に適応しやすくなる"

"極端に振れないように付け加えておくと、全員が全員一緒に働きたい人でなくても構いません。組織はマジョリティがどうであるかが大事で、マイナリティを排除することは逆に危険だと思ってます。"

 

newspicks.com

「共創」の価値を事業創造に当てはめ、サイエンスした良い記事。このフェーズ論に対して、具体的に何をやるべきかを整理すれば、「共創」に再現性がでると思う。

 

newspicks.com

同感。既存の目標管理システムは、右向け右の軍隊方式。昭和の悪しき価値観の残滓。そんなものでイノベーティブな組織は作れない。

目標進捗管理はすべきだが目標設定は、あくまで共通した価値観のもとでの自発的なものであるべき。そのとき上司が行うのは、ティーチング、コーチング、メンタリング、カウンセリングのみ。

目標設定の強制とそれによる評価はモノを考えない兵隊の育成にしかならない。それではチームによるレバレッジのかかった価値創造ができるわけはなく、トップの器以上の成長は望めなくなる。

QT:
"最も致命的なのは、目標管理システムを人事評価制度として導入・運用していること"
"目標管理システムは、上司と部下との間で目標のベクトルをそろえ、組織目標を達成するための手段として考案されたにもかかわらず、いつの間にか目標管理の視点は忘れられ、ノルマ管理の道具になってしまった"

 

newspicks.com

「自分の考えを部下に浸透させる」がありえない。人はみな異なる価値観をもって生きているのに、なぜ上司の価値観を無条件に受け入れなければならないのか。

そもそも、人はみな異なる価値観をもっていることをまず受け入れ、尊重することがベースにあるべき。そのうえで、相手の価値観に基づいて、どうゴールに向かうべきなのかをコーチングするのが上司の役割。

価値観を押し付け、目標とやり方を押し付け、できたできてないの評価をするのは間違ってる。そもそも上司のやり方が正しいという保証がないだろうに。

QT:
"部下に責任を持たせたら、彼らは自然と成長するよ。「俺が教えてやる」じゃなくて、「ケツは俺が持つからやってみろ」のほうが、これからの変化に対応できる人財になる"

 

newspicks.com

メルカリの節操のない「二番手×大人力」戦略はすさまじいな。
次代を作ろうと頑張った若者が苦労して結果を出したタイミングで、丸パクリして大人の人脈力とか資金力で一気に捲り上げる。

ユニコーン企業を創った経営力は率直にすごいし、尊敬するし、参考にしたいと思う。
でも、ジラフのようにUVPを付加してパクるならまだしも、丸パクリはさすがに。。。

それが法的にどうこうとかはもちろんないわけだけども、人としての矜持とか、世代や業界の後進育成的な社会貢献の意識のなさとか、そもそも事業内容が貧テック寄りとか。うむむむむ、果たしてそれでいいのだろうか、と考えさせられる。

 

newspicks.com

トカゲの尻尾切り。

結局、業界なり、組織なり、国家なりの改革や革命をしたかったら、貴ノ花のように大暴れしちゃいけないっていう、いい教訓。目立てば目立つほど、既得権益抵抗勢力はモノの見事に、臭いものを覆い隠し、トカゲの尻尾を切り、伏魔殿の奥底を隠し通すことに全力を投じる。傷跡は残せるけど、傷跡にしかならないし、すぐに修復される。

改革や革命は、抵抗勢力が誰一人気づかない間に、笑顔で腹の底を隠しながら、布石を大量に打ち続け、最後の布石を打った瞬間にドミノ倒しのようにすべてひっくり返って、抵抗勢力が一日で殲滅されるような流れや枠組みを作らなければならない、ってことですかね。

 

newspicks.com

うひょー!ディズニーリゾート大好きおじさんとしては超楽しみ。